サポート体制の充実した医学部予備校に通って受験勉強をしたことについて

現在は内科医をしています。

私は今内科医としてある病院で働いている30代後半の男ですが、毎日沢山の患者さんを診ていてとても大変なのですがそれ以上に遣り甲斐を感じています。

医師の仕事はとても大変で少しのミスも許されないのですが、私もそのことを医師として働くようになってから実感するようになりました。 もちろん大変なことは色々とありますが患者さんが病気を治った時の姿を見ると本当に嬉しくなり、この職種に就いて本当に良かったと思っています。

医師への道は決して楽なものではありませんでした。

ただ今でこそ一人前の医師として働いているのですが、高校生の頃はまさか自分が将来このような仕事に就いているとは全く思っていませんでした。 私の父親は開業医をしていたので私も将来医師として働くことを父は望んでいたのですが、私はどうしても学校の成績が上がらなかったので医師になるのは難しいと感じていました。

高校に入ってからも成績は中の上ぐらいで医学部に合格するのは相当厳しいと先生からも言われていたのですが、父の背中を見て育ってきた私としてはどうしても医師になりたいと思っていました。 そこで色々と調べたところ医学部専門の予備校 があることを知ったので、そのようなところで学ぶのが良いと考えるようになったのです。

Part2へ  サポート体制がとても充実している医学部専門予備校に通うことに

TOPへ